仕事を知る施工管理works

  1. 株式会社キーストン新卒採用サイト
  2. 仕事を知る
  3. 施工管理

建築の施工管理(現場監督)のお仕事建設現場の全体を指揮する司令塔

建物が完成するまで、建設工事が安全かつ予定通りに進行するように、建築現場で働くさまざまな専門工事業者(大工工事、塗装工事、内装工事など)を統括するのが主な仕事になります。
施工管理(現場監督)が自らトンカチを持ったり、鉄筋を組み立て、クレーンで材料を吊り上げたりするわけではありません。
鉄筋組み立てやクレーン操作のプロを集め、材料の調達、スケジュールの調整なども行い、チームとしてまとめるのが仕事なのです。

写真:主な仕事の内容

主な仕事の内容

安全管理

現場の整理整頓・清掃は事故防止に非常に重要で、安全管理は4つの管理業務の中でも最も重要なもの。
足場チェック、職人たちの体調チェックなど、現場の安全を守るために細心の注意を払います。

工程管理

現場というものは基本的に予定通りに進まないもの。設計変更はよくある事、また、天候の影響もあります。
いつどの業者に作業をしてもらうか段取りをしっかりしないと、さらに作業が遅れてしまいます。
事前の綿密な計画と進捗管理が大切です。

品質管理

実施設計図から施工図や躯体図を起こして整合性をチェックするなど、建物の品質を高く保つための業務。
ここで監督が、細かい違和感に気付けるか否かで建物の完成度が驚くほど変わります。

原価管理

建築には、コストと工期をオーバーしないことが大前提。
その上でいかに経費を低く抑え、利益を確保できるかが監督の腕の見せ所です。

キーストンならではの施工管理の特徴

写真:様々な工法・構造の建築に携わることができる

様々な工法・構造の建築に携わることができる

店舗・マンション・アパート・住宅など、様々な現場の管理を経験し、様々な分野の職人さんとの調整を行うため、木造・鉄筋コンクリート造・RC造と数多くの工法と幅広い建築の知識が身に付きます。

着工からお引渡しまですべての工程に関われること

最初から最後まで建物に関わることで、 あなたが建てたという達成感、そしてお客様からの感謝の言葉は、どんな喜びにも勝るものです。

やりがい

写真:自らが司令塔となり、関わる全ての人と協力して物事を成し遂げる喜びがある

段取りを組む力を養える!

基本的に、建設作業は施工管理(現場監督)が厳正に段取りを決め、それに沿って工事を進めます。
建築物の大小に関わらず、各現場の作業進行管理には段取りが必要です。
建設工事に携わっている人員のすべては、その現場の施工管理(現場監督)が決めた段取り通りに工事を進めます。そのため、現場で働く全ての人が安全に作業できるよう、業務の中で守るべきルールや、作業効率化の考え方が自然と身に付きます。
様々な建築プロジェクトに関わることで、担当する現場のコスト管理もひとりで担当できるまで成長できるでしょう。
こうして仕事で養った力は、仕事以外に私生活にも役立つスキルと言えます。

自らが司令塔となり、関わる全ての人と協力して物事を成し遂げる喜びがある

現場作業の仕事から体力仕事というイメージが強い建設業ですが、実際にはさまざまな人員が携わっています。
男性や女性、年齢も様々で、大きなプロジェクトになるほど、関わってくる人員も多くなります。
また時には、工事の期間が年単位になるプロジェクトもあります。
施工管理(現場監督)は、建設に関わるすべての人々を指揮し、全員の協力のもと一致団結してひとつの目標に向かいます。
自らが司令塔となり、多くの人たちと協力して大きな仕事を成し遂げたいという志向を持っている方には最適の環境です。

写真:先輩社員インタビュー宮﨑辰弥

先輩社員インタビュー入社5年目、現在歯科医院と戸建賃貸住宅の
建設の現場監督をしています。

建築部 / 大同大学 工学部建築学科卒

宮﨑 辰弥TATSUYA MIYAZAKI

大学では建築の設計の勉強をしていましたが、図面を描くだけで終わるより、実際に造るほうが楽しいと考えて、キーストンに入社しました。
建物の一部分だけではなく、最初から最後まで関われることがキーストンの魅力です。

そして、大きな会社ではないからこそ、社員同士の仲がいい点も気に入っています。先輩たちが気軽に声をかけてくれますし、仕事の相談はもちろん、プライベートの話もできます。逆に、隠し事もできませんけど(笑)。

来週は、私の家にみんなで集まって鍋パーティーをする予定です。
県外から来て独り暮らしですが、寂しさには無縁です。

入社して最初の1か月は、先輩と同じ現場で働きながら仕事の進め方を覚え、徐々に自分の現場を持つようになりました。
新入社員の自分にできることは限られていますが、まず現場の清掃や整理整頓を率先してやるようにしていました。資材が整理整頓されていれば、作業がしやすく、現場が綺麗なら気持ちよく仕事ができ、近隣の方にも喜んでいただけます。キーストンは「美しい仕事をする」ことを大事にしていますから、その一環です。

一番やりがいを感じることは、お客様の「ありがとう」と「笑顔」です。
一つの建物を完成させるまでに多くの人と関わり、協力し合いながら努力をしているので、完成した達成感は最高の気持ちになります。
これからは、資格の取得と、さらに多くの建設の経験を積みたいと思います。